不倫という問題

既婚男性や既婚女性の中には、浮気願望や不倫願望を抱いている人も、少なからずいることでしょう。
結婚した相手というのは現実そのものであり、その相手には格好付けることもできません。だからこそ支え合って生きていけるのですが、ふと、男らしくあるいは女らしくいられる相手というのに出会ってしまうと、ついその相手と恋愛感情に陥ることがあります。

一般的に、不倫や浮気をする人は男性が多いとされています。とはいえ、不倫は相手がなければできませんから、既婚男性とわかっていても関係を持つ女性の割合も多いということがいえます。

大衆小説の世界においても、男性向けライトノベルの世界では、男性主人公が周囲の美少女からモテまくるという話が多いのです。ライトノベルの主人公の場合、真面目な恋愛観を持っている場合が多いのですが、昔はやった男性向けのゲームでは「複数の女性と要領よくおつきあいする」ことを目的としたものもありました。
一方、女性向けの小説やゲームでも、複数の男性に想われる女性というパターンは存在しますが、男性向けに比べると、やはり特定の異性と誠実な関係になる場合が多いようです。
そのような趣向からも、男性は複数異性とつき合いたいという願望を抱く傾向があり、女性は1人の異性とつきあいたいと考える傾向があると思われます。

不倫願望を抱くことは自由ですが、本当に不倫をするのは、人生を台無しにしてしまう危険をはらみますから、できれば避けた方が無難です。
しかし、そのように簡単に割り切れないのもまた、人間であると言うべきなのかもしれません。

■関連サイト
不倫や浮気をした、された場合に慰謝料に関する相談が出来るサイトです →→→ 浮気 慰謝料